DHCプロテインダイエットの主なラインナップと特徴まとめ

DHCプロテインダイエット

 

コマーシャルでお馴染みのDHCからは、理想のスタイル作りをサポートするためのDHCプロテインダイエットが販売されています
朝食や夕食を別の食品で補う置き換えダイエットに適しており、大まかなラインナップを見ていきましょう

  • DHCプロテインダイエットシェイク:ドリンクタイプの製品で豊富な栄養素や美容成分を含む
  • DHCプロテインダイエットスムージー:37種類の野菜や果物の栄養素を加えた美味しいパウダータイプのスムージー
  • DHCプロテインダイエットスープ系:身体を芯から温めるポタージュやスープパスタ

これらの製品がお近くのドラッグストアで購入でき、実店舗で販売されているからこそ利用する女性が増えています

 

 

DHCからはプロティンダイエットリゾットやプロティンダイエットケーキといった女性に嬉しい製品も数多く登場していますが、ドラッグストアで購入できるメインの置き換えダイエット食品のラインナップは上記の3種類です
ただ、ドラッグストアによってはダイエットシェイクだけの取り扱いだったりと商品数は店舗やドラッグストアによって異なります

  • 置き換える食品や食材を自分の好みで選んで毎日の生活に取り入れられる
  • 完全に食べるのをやめる断食とは違って身体への負担が加わらない
  • 空腹を無理に我慢して痩せる方法ではないので精神的なストレスを感じずに済む
  • 自然な形で1日の総摂取カロリーを減らしながら脂肪の燃焼をサポートしてくれる
  • 朝でも夜でも時間を選ばないので自分の好きなタイミングで気軽に取り組める

置き換えダイエットにはこれらのメリットがあり、食生活の乱れが原因で太っている女性にピッタリ♪
1日の摂取カロリーが多ければ多いほど太りやすくなるのは当然ですが、なかなか食べ過ぎが止まらない…
肥満の原因のほとんどは食べ過ぎですが、置き換えダイエットは自然な形で食べる量を減らしながら栄養素を摂取する事が出来ます♪


置き換えダイエットに適しているのはどれ?

 

DHCプロテインダイエットは種類が豊富で
『置き換えダイエットに適しているのはどれなのか?』
と疑問を抱えている方は少なくありません
基本的にどの製品もダイエットを考えている女性のために作られており、満足度をアップする試みが行われています

  • 外出中でも気軽に取り組みたい方はドリンク系
  • 自宅で食べたい方はスープ系やケーキ系

上記のように個人の好みに合わせて商品を選ぶのが理想的♪

 

 

置き換えダイエットで何かしらの効果や変化があらわれるまでの期間は3ヶ月程度で、1日や2日では体重を落とすことができません
どんなに短くても1ヶ月間は取り組むべきですし、長い目で見てダイエットをした方がリバウンドのリスクを抑えられます

 

 

つまり、ある程度の期間けい属する必要があり、自分に合った置き換えダイエット食品を見つける事が大切になってくると言うわけです

DHCプロテインダイエットシェイクのメリット・デメリット特徴まとめ

DHCプロテインダイエットシェイク

 

まずはシリーズの中でも利用者が多いDHCプロテインダイエットシェイクについて見ていきます
累計の総販売数は2億食を突破しており、定番の置き換えダイエット食品となっています

 

 

ただ、メリットだけではなくデメリットもあるので取り組む前に確認しておきましょう♪

DHCプロテインダイエットシェイクのメリット

DHCプロテインダイエットシェイクの最大のメリットは、何と言っても味の種類が豊富な点です
『置き換えダイエットにチャレンジしていたけれど途中で味に飽きて続けられなかった』という女性は少なくありません

 

 

身体に負担をかけずに置き換えダイエットへと取り組む目安は3ヶ月なので、豊富な味が用意されているDHCプロテインダイエットシェイクは魅力的です

  • いちごミルク味:いちご牛乳のような感じで飲むことができ、果汁が加えられているのでフルーツ感がたっぷり
  • ココア味:カカオの味が効いており、大豆で作られているので女性ホルモンのサポートをするイソフラボンを摂取できる
  • コーヒー牛乳味:若干の苦味があるので甘い飲み物が嫌いな方に適しており、マイルドで飲みやすさも追及している
  • バナナ味:バナナオレよりもほんのりと風味が香り、他の種類よりも甘くてまろやかな味わいが特徴
  • ミルクティー味:紅茶の風味が強く、爽やかな香りとミルクの甘味が混ざり合って独特のハーモニーを出している

DHCプロテインダイエットシェイクはこの5種類が用意されており、どれも人気があります
バラエティに富んだシェイクで継続的にカロリーコントロールをサポートしてくれるのです

 

 

また、健康的に痩せながら美肌を整える美容成分も多く、女性から人気を得ている理由なのではないでしょうか
どんな美容成分がDHCプロテインダイエットシェイクの中に含まれているのかまとめてみました

  • コエンザイムQ10:エネルギーの大部分を作り出して疲労を回復させたり、強力な抗酸化作用で老化の原因となる活性酸素を抑えたりする
  • ヒアルロン酸:身体の中にも存在する美容成分で、1gで6リットルの水分を抱えられるほど高い保水力を持つ
  • ポリフェノール:若々しさや美しさに必要な抗酸化作用のある成分でアンチエイジングに繋がる
  • オルニチン塩酸塩:体内にも存在するアミノ酸で、肝臓の働きをサポートしたり体内を解毒したりする
  • 食物繊維:腸内環境を整えて便秘を解消し、腸内の毒素が血液を巡って全身に行き渡るのを防いで美肌へと繋げる

ダイエットに成功できたとしても、ニキビや吹き出物など肌トラブルが加速してしまっては意味がありません
だからこそDHCプロテインダイエットシェイクは、美しく綺麗に痩せたいと考える女性にメリットがあり、シェーカーに水を入れて混ぜ合わせるだけなので簡単です

DHCプロテインダイエットシェイクのデメリット

簡単に置き換えダイエットを始められる商品として、DHCプロテインダイエットシェイクは人気を得ました

 

 

痩せるだけではなく生きていくために必要な栄養素も補給できますが、添加物の量が多いというデメリットがあります
DHCプロテインダイエットシェイクの中にどんな添加物が使われているのか見ていきましょう

  • 人工甘味料:食品に甘味を付けるために配合されている調味料の一種
  • 増粘剤:液体の粘度を高めてゲル状の安定性を増すために使われている
  • 着色料:健康食品や化粧品に色を付けて見た目を良くする添加物
  • 乳化剤:通常では混ざらない水と油などの性質を変えて均一に混ざりやすくする
  • 香料:食品に香りを付けるフレーバーと化粧品に使われるフレグランスの2種類に分けられる

健康補助食品である以上は何かしらの添加物は含まれていますし、ある程度は仕方ありません

 

 

この点に関してはDHCに限らず他のメーカーの製品にも該当し、有機野菜やオーガニックの食材とは違います
発ガン性物質など人体の危険に繋がるような成分は使われていないとしても、添加物の量が多いとアレルギーの原因となるので注意すべきです

 

 

DHCプロテインダイエットシェイクを飲む前に、アレルゲンとなる添加物が含まれていないかどうかきちんとチェックした方が良いでしょう
他にも、苦手な味を避けられないデメリットもあります

 

 

DHCプロテインダイエットシェイクのパックには上記でご説明した5種類の味が入っており
『ココア味を増やして欲しい』
『バナナ味は要らない』

と個人の要望を叶えることはできません

 

 

今のところはセレクトパックのような製品は取り入れられておらず、苦手な味が多ければ多いほど置き換えダイエットを続けにくくなります
毎日の食生活に取り入れる以上は味の良し悪しは重要なポイントとなり、長期的に痩せるためにも続けやすい製品を選んでみてください

 

栄養バランス◎で2食置き換えも♪ダイエットシェイクランキングへ


DHCプロテインダイエットスムージーのメリット・デメリット特徴まとめ

 

グリーンスムージーを飲みながら痩せたい女性には、DHCプロテインダイエットスムージーが適しています
DHCから販売されているシリーズの一つで、どんなメリットとデメリットのあるのか見ていきましょう

DHCプロテインダイエットスムージーのメリット

DHCプロテインダイエットスムージーはシェイクと同じように、複数の味が用意されているのがメリットです

 

 

ドラッグストアやネット通販では単品で購入でき、以下の中からお好きな味のスムージーを購入して毎日の置き換えダイエットとして利用できます

  • DHCグリーンスムージー:37種類の野菜や果物の栄養素をプラスしており、苦味の少ない優しい味わいが特徴
  • DHCアサイーミックススムージー:抗酸化物質のポリフェノールや悪玉コレステロールを抑えるオレイン酸を含むアサイーが主体のスムージー
  • DHC豆乳にまぜるスムージーポーション:ジューシーなマンゴー味で、毎日のヘルシーの習慣に繋がる
  • DHCスムージーポーションバナナ味:ポーションタイプのスムージーでバナナの味わいと風味が人気の理由

どれも自宅で簡単に作れますし、水に溶かすだけではなく牛乳や豆乳と混ぜるアレンジも可能です

 

 

同じ商品でも混ぜ合わせる飲み物が異なるだけで味は大きく変わり、飲みやすいと感じるアレンジを探してみてはいかがでしょうか
中でもグリーンスムージーは若い女性から高い支持を得ており、ダイエットとどのような関係性があるのかまとめてみました

  • 緑の葉野菜はビタミンやミネラルなど栄養価が非常に高い
  • 食事量を急激に減らすわけではないのでリバウンドのリスクを防げる
  • 新陳代謝をアップさせてダイエットをサポートする酵素が豊富
  • 現代人の悩みとして多い野菜不足や果物不足を解消しながら痩せられる

このように痩せやすく太りにくい体質の維持に繋がるのがメリットで、栄養分をしっかりと補いながらカロリーの摂取量を減らせます

 

 

肉類や乳製品に偏った食生活を送っている人ほどカロリーオーバーとなり、消費カロリーを上回って太りやすくなるのでDHCプロテインダイエットスムージーは痩せるサポート飲料として最適♪

DHCプロテインダイエットスムージーのデメリット

DHCプロテインダイエットスムージーには幾つかのデメリットがあります

 

 

他のグリーンスムージーにも該当するので一概には説明できないものの、どんなデメリットがあるのか幾つか挙げてみました

  • 固形物を食べる時に咀嚼して消化酵素の唾液が分泌されている状態とは異なり、ゴクゴクと飲むと唾液が出ずに体内への吸収率が下がる
  • 流動食をあまりにも高い頻度で摂取しすぎていると胃腸本来の働きがだんだんと鈍くなる
  • 身体の中を冷やして基礎代謝が低下し、脂肪の燃焼率が下がることで逆に太りやすくなる

酵素は熱に弱い性質を持ち、この栄養素を含むグリーンスムージーは基本的に冷たいまま飲みます

 

 

しかし、冷え性を患っている女性は特に症状が加速し、消化機能や免疫力の低下にも繋がりやすいのでDHCプロテインダイエットスムージーには注意しなければなりません
胃腸本来の機能が発揮できなければ便通も悪くなりやすしですし、消化酵素の唾液が分泌されにくくなるのもデメリットの一つです

 

 

また、DHCグリーンスムージーやDHCアサイーミックススムージーは2,400円とコスパが少々悪く、長く続ければ続けるほど金銭的な負担が大きくなります
1回当たりの分量は約10gで300gが含まれているので約30日分となり、1日に2杯を飲んでいれば15日しか持ちません

 

 

もちろん、自宅でグリーンスムージーを食材から作る場合の方が手間もコストもかかるため、DHCプロテインダイエットスムージーのような市販品に頼るのは選択肢の一つです

 

一食置き換えに♪おすすめの粉末スムージーランキングへ

DHCプロテインダイエットスープ系のメリット・デメリット特徴まとめ

 

噛んで食べるダイエットを始めたい方には、DHCプロテインダイエットスープ系が適しています
シェイクとスムージーがドリンクなのに対して、DHCプロテインダイエットスープ系は固形の食材も使われているのです

 

 

置き換えダイエットの成功者が続々と登場している商品ですが、メリットとデメリットの両方があるのでしっかりと確認しておきましょう

DHCプロテインダイエットスープ系のメリット

DHCプロテインダイエットスープ系は噛んで食べられるメリットがあります
『たったそれだけ?』と疑問を抱く方は多いかもしれませんが、ドリンクを飲むのとは違って噛むことで以下のメリットが得られるのです

  • 少ない食事量でも満腹中枢を刺激できるので自然な形で暴飲暴食を抑えられる
  • 食べ物を噛む時に消化酵素の唾液が分泌されて栄養素の吸収率を高められる
  • 消費エネルギーを効率良く増やせる(食事誘発性体熱生産は1日の消費エネルギーの10%を占める)
  • 食べたものが細かくなることで消化しやすくなって胃への負担を抑えられる
  • 成長ホルモンや若返りホルモンなど女性にとって嬉しい効果を持つ成分の分泌が促される

満腹中枢を刺激して食事量を抑え、同時に消費エネルギーをアップさせるといったように自然な形でダイエットができます

 

 

『飲み物だけではちょっと満足感がなくて直ぐにお腹が減ってしまう』
と悩んでいる女性は、DHCプロテインダイエットスープ系が良いでしょう

 

 

スープ系の製品は以下の2種類に分けられます

  • DHCプロテインダイエットポタージュ:1食当たり154kcal以下とカロリーが低く、1回の食事に必要なビタミンとミネラルを補給できる
  • DHCプロテインダイエットスープパスタ:食べごたえの満足感がありながら1食当たり175kcal以下とカロリーが低い

DHCプロテインダイエットポタージュに関しては野菜クリーム、スイートコーン、ビーフシチュー、バターチキンカレー、海老のビスク
DHCプロテインダイエットスープパスタはカルボナーラ、クラムチャウダー、グリーンカレー
と味はバラエティ豊富です

 

 

同じスープばかり食べていると飽きてしまいますが、DHCプロテインダイエットスープ系であればその問題をクリアできます
他にも、冷たい飲み物と混ぜ合わせて飲むシェイクやスムージーと比べて、冷え性の悪化を防げるのも大きなメリット♪

 

 

女性は男性と比べて元々筋力が弱くてエネルギーを生み出す力が少なく、ミニスカやショートパンツなど薄着のファッションを取り入れることが多いからこそ冷え性で悩まされやすくなります
身体の冷えで基礎代謝や新陳代謝が下がればダイエットの効率も悪くなるので、冷え性の女性には温かいスープ系のDHCプロテインダイエット食品が良いでしょう

DHCプロテインダイエットスープ系のデメリット

DHCプロテインダイエットスープパスタには8,300mg以上の食物繊維が含まれており、便秘の解消に繋げながら腹持ちが良くなるというメリットがあります

 

 

しかし、もう一つのスープ系のDHCプロテインダイエットポタージュには食物繊維が少なく、満腹感を感じにくいので食べすぎてしまうのがデメリットです

  1. 置き換えダイエットは普段の食事量をセーブすることで体重を落とす
  2. 満腹感を感じなければ間食が増えて余計なものを食べてしまう
  3. 痩せるどころか逆に太ってしまって意味がなくなる

置き換えダイエットで失敗する女性の多くが別の食品による食べすぎで、なるべく腹持ちの良い商品を選択しなければなりません

 

 

そういった意味ではスープ系のDHCプロテインダイエットはあまり適しておらず、食べたい気持ちを抑えれば抑えるほどストレスが溜まります
また、数多くの商品の中でもコストパフォーマンスが悪いのもデメリットの一つです

 

 

DHCプロテインダイエットポタージュは15食分で4,743円、DHCプロテインダイエットスープパスタは15食分で5,667円で販売されていました
1ヵ月分に換算すると1万円近くは支払わなければならず、料金が高ければ高いほど長期間に渡って続けることができません

 

 

数日間程度で体重を減らしてダイエットを成功させる方法ではないので、コスパを重視している女性にはスープ系のDHCプロテインダイエットは向かないと心得ておきましょう

 

普段の食事に近くてストレスが少ない♪食事系のダイエット食品ランキングへ

まとめ

 

以上のように、このページではドラッグストアで購入できるDHCプロテインダイエットのシェイク、スムージー、スープ系の3つをご紹介しました
どの食品にもメリットとデメリットの両方があり、『○○○が良い』と一概に決め付けることはできません

 

 

何よりも重視すべきポイントは自分が美味しいと感じるかどうかで、不味いダイエット食品で置き換えダイエットを続けるのは苦痛です
もちろん、この点に関してはDHCプロテインダイエット以外の商品に対しても同じように言えるのではないでしょうか

 

 

置き換えダイエットの効果は続けてこそ少しずつ出てくるので、どんな商品が自分に合っているのか色々と試して決めてみてください

 

置き換えにピッタリ♪ダイエット食品総合ランキング(最新版)へ

関連ページ

【ヤクルトヘルスアンドフーズ】
ヤクルトの置き換えダイエット食品をリサーチ♪おすすめはリエータだけ?フルーツ青汁はどう?ドラッグストアに置いてあるヤクルトのダイエット食品を特集しました
明治プロテインダイエット
ロングセラー置き換えダイエット食品の明治プロテインダイエットは本当にダイエットに効果的?口コミや栄養素などを徹底解剖してみました♪
スリムアップスリム(SUS)
アサヒのダイエット食品であるスリムアップスリムは口コミ通り効果的なダイエット食品?徹底的にリサーチしてみました♪
ボーテサンテラボラトリーズ
ドラッグストア、薬局でよく見かけるボーテサンテラボラトリーズのダイエット食品は置き換えダイエットに向いている?商品情報や口コミをチェック♪
テクノフーズ(マツモトキヨシ)
マツモトキヨシのプライベートブランドスムージーを製造しているテクノフーズは置き換えダイエットにお薦めできるダイエット食品?
エンナチュラル(メタボリック)スムージーの特徴や口コミまとめ
株式会社メタボリックが販売するエンナチュラルスムージーはドラッグストアでも人気のグリーンスムージーです♪置き換えの為にと気になっている方の為に特徴などをまとめてみました♪