グリーンスムージー習慣を初めて体調が悪くなる原因と対策とは?

 

置き換えダイエットのグリーンスムージーを飲み始めたら体調が悪くなったのですぐに止めた…
という方もいらっしゃると思います

 

実はグリーンスムージーダイエットを始めると頭痛、腹痛、便秘、下痢、吐き気、眠気、倦怠感、肌荒れなどの体調不良が珍しいことではありません
『私にはグリーンスムージーは体質的に合わなかったということ??』
と思わるかもしれませんが、早まってはいけません

 

確かにアレルギーなどの病的な理由も考えられなくもないですが、基本的にはそれらの症状は順調にダイエットが進んでいる証拠なんです
上に挙げたような症状はグリーンスムージーの好転反応と呼ばれるもので症状が出る方と出ない方がいらっしゃいます

 

好転反応は名前の通りいい方向に転じる反応です
それらの症状はむしろ喜ばしいことなんです^^

好転反応とは?

好転反応とはもともとは東洋医学のあんまやお灸などの治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと
マッサージで始めのうちは揉み返しと言って筋肉痛の症状が起きる場合がありますがそれも好転反応です

 

この言葉が語源になっていますが、最近ではデトックス作用が高い健康食品にもこの言葉が引用されています

 

 

グリーンスムージーはもともと非常にデトックス作用が高い食品です
デトックスとは体に溜まった老廃物や毒素を排出して内側からきれいになる美容法です
体に溜まった毒素を外に出そうとする際にいったん好転反応という形で上に挙げた症状が起きてしまうのです

 

好転反応のイメージをつかむためによく例えられるのが部屋の掃除です
例えば汚れがたまりにたまった部屋を掃除するとします
いろんなところからホコリやゴミがどんどん出てきますよね
これが老廃物や毒素です
これらのホコリやゴミが出てくることで一時的に部屋の中は散らかり放題になります
部屋掃除をする前より一時的に汚れた状態になりますよね…そしてそれらのゴミを出し終わった際にやっとキレイになるというわけです
これは好転反応が出てから体内がキレイなっていく一連の流れと同じですね^^

 

好転反応が出やすい方は普段の生活で胃腸などが弱っている方など
逆に好転反応が出なかった人はそれまでの食生活がある程度健康的だったと言えると思います
(部屋を常にキレイにしている方の部屋からはゴミが少ないのと同じことです♪)

 

たとえ出ても一時的なものです
グリーンスムージーダイエットはデトックス効果があるため
まずは順番的に初めに毒素を排出する働きがある事を忘れてはいけません

スムージーダイエットの流れ

グリーンスムージーを飲み始める
 ↓
デトックス、胃腸の正常化の間に好転反応が出る(ここで辞める方が多い)
 ↓
体の内側がキレイに掃除されて外側もキレイになる(美肌、整腸)
 +
酵素の働きで代謝があがり低カロリーな食事で痩せやすい体質になる

好転反応が出た時はゆっくり体を休めるようにしグリーンスムージーダイエットを継続するだけ
この流れで、早くて数週間、遅くても1ヵ月、2ヶ月ほどあれば好転反応を抜け出せると思います♪

こんな方は注意!グリーンスムージーが合わない方

グリーンスムージー習慣の体調不良はほとんどが好転反応によるものですが、中には体に合っていないという方もいらっしゃいます
どんな食品にも合う、合わないという事はありますのでグリーンスムージーに関してもどうしても合わないという人はいるようです
好転反応がひどかったり、ある程度継続しても収まらない方は一度医師に相談するかスムージーをストップすることをお勧めします

 

スムージーが合わない人の共通点としては
・持病がある人
・胃腸が弱い人
・食品アレルギーが多い人
などです

 

持病がある人は一度掛かりつけの医師に相談しましょう
また、もともと胃腸が弱い方は摂取量に気をつけて少ない量からスタートしてもいいかもしれません
胃腸が弱い方でもグリーンスムージーは効果的ですしもともとはそういう方におすすめの健康食品
食品アレルギーに関してはご自身で理解されている食品が入っているかどうかをチェックする必要があります

 

 

このようにどんな食品にもメリットとデメリットはあります
正しく理解していれば焦る必要はありません
好転反応を理解しておけば症状が出るとむしろ喜ばしい事だとわかりますからね♪

 

この記事がグリーンスムージーを始める方、好転反応に困っている方の参考になればうれしいです^^