産後太りの2つの原因と産後ダイエットの注意点

産後ダイエットに成功した女性

 

 

『産後にかなり太ってしまった…』
『妊娠前の体型に早く戻したいt』

 

 

妊娠〜出産は大切な家族が出来る人生最良の瞬間ですが、女性の体型の分かれ道でもあります
【妊娠前以上にキレイになる方】【スタイルが崩れてしまって太ってしまう方】とはっきりと分かれてしまいますよね

 

 

育児が大変で自然と痩せる人もいますが、元の体重に戻るかどうか不安という方も多いと思います
マタニティブルーにかかって過食になる事例もありますので気をつけたいところです

 

 

育児もしっかり全うしながら、キレイな女性でいつまでもいるにはどうすればいいのでしょうか?
母乳育児やお子さんの状態によっても出来る事は一人一人違ってきますが、産後ダイエットのポイントをまとめました♪


産後太りの2つの原因

 

妊娠中の体重増加は仕方のない事ですが、出産後に体重がドンドン増えてしまう【産後太り】には大きく2つの原因があります

  • 骨盤の歪み
  • モナリザ症候群からの過食

この2つが特に産後の体重増加に拍車をかけています

 

 

妊娠すると母体と赤ちゃんを守るために体脂肪が付きやすくなることは自然なことです
特に母乳育児をされる方は特に普段よりカロリーを取るため一時的に体重が増える事が多くあります
ですので、基本的には妊娠後に太っているのは自然な事です

 

 

しかし、上記に挙げた骨盤のゆがみやモナリザ症候群は防ぐ事で必要以上の体重増加は防止できます

骨盤の開きについて

女性は出産をすると大なり小なり骨盤が開いてしまいます

 

骨盤の開きを放置してしまうと骨盤の歪みや開きによって代謝が低下したり、血行が悪くなり、脂肪を溜めこみやすい体質になってしまいます
また、骨盤が開く事で内臓の位置も変わる事があり、ポッコリお腹などの原因にもなります

 

産後は体重だけでなくスタイルが乱れやすいのは骨盤の歪みが大きく関係しているわけです

モナリザ症候群とは?

モナリザ症候群とは
Most obesity known are low in sympathetic activity」
(訳:肥満の多くは交感神経の活動低下による)
と言う英文からとったものです

 

ストレス、育児疲れ、栄養バランスの乱れや生活リズムの乱れなどによって交感府神経が鈍り、太りやすい体質になる事をまとめてモナリザ症候群と言うわけです

 

脂肪を溜めこみやすい体質になりやすいのが産後のタイミング
特に初めての出産などで心身が疲れていると食欲に走ってしまって太りやすくなります

 

 

 

産後痩せに欠かせないダイエット3つのコツ

産後ダイエットに成功した女性

産後は育児が最優先ですが、出来る事はやっておきたい!
と思うのは当然の事だと思います

 

そこで、産後ダイエットに欠かせない3つのダイエットのポイントをお伝えしたいと思います♪

授乳中の食事制限は栄養補給を十分に

母乳育児とそうでない方とでは栄養摂取量に違いがあります
母乳育児の場合は普段よりもカロリーを多く摂取する必要がありますのでそのバランスを間違えるとより太りやすくなってしまいます

 

ただ、母乳は血液から作られていて母乳の質は少なからず赤ちゃんの健康にも影響しますので母乳育児の方は栄養摂取に気を付ける必要があります
タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルに加えて食物繊維など栄養バランスに気を付けた食事を摂る事
授乳中に摂りたい栄養素をまとめた記事の詳細へ

 

そうでない方も育児を乗り切るためにカロリー量ではなく栄養バランスが十分に摂れているかを考えて食事制限をする事
忙しくてお腹を満たす事しかできない!と言う方もダイエットシェイクの様な栄養補給が出来る健康食品を活用するなど
栄養不足にならず、普通の食事を摂っていれば産後は自然と体重が落ちる事の方が多いんです

食事以外のストレス発散方法を見つける

モナリザ症候群や産後のマタニティーブルーなどによって心身共に疲れやすい産後
また、ホルモンバランスが急激に変化していますので女性にとっては良くない事が起きやすい時期です
まず、その現象を自身でその事を認識する事がストレス対策の第一歩です

 

産後のうつ自体は10人に1人がなると言われ、珍しい事ではありません
理由が分かることで『自分はおかしくないんだ♪』と安心する事ができますのでストレスから来るやけ食いやドカ食いを防ぐことが出来るようになります

 

忙しいかと思いますが、家族の協力を得てアロマ、ヨガやウォーキングなどのエクササイズなどで食事以外でストレスを発散する事が大切です
育児でも十分な運動になりますので子供思いっきり遊ぶ事も大切

 

子育てで昼夜逆転すると生活リズムの乱れによって交感神経にも悪い影響が出てしまいます
睡眠に効果的なアロマを活用するのも良いストレス対策や不眠対策になります
(キンモクセイの香りなどは空腹感を押さえると言われていますのでおすすめです♪)

 

後は、ストレスが溜まってくると人は今しか見れない状態になりますが赤ちゃんとの楽しい未来を想像して出来る限り前向きな気持ちになること
たまには旦那さんや実家に赤ちゃんを預けて買い物や旅行したりと自分だけで悩まずに周りに助けをしっかり求めていきましょう

 

SNSなんかも同じ悩みを持つ人は多く見つかりますので、同じ主婦仲間をリアル以外でも持つとストレス発散にもなりますね^^

骨盤矯正で歪みを治す

産後の骨盤の開きを矯正する事で内臓も正常な位置にもどり栄養素の吸収率がアップしたり、血行が良くなる事で代謝がアップします

 

骨盤矯正の方法はたくさんありますが、まず手軽に家でできる骨盤ベルトや下着の活用が基本
また、書店にはたくさんの骨盤矯正ストレッチ本がありますので空いた時間を使ってストレッチをする事も効果的です
時間がある方は整体院などに通うのも良いですね

 

骨盤が矯正される事で妊娠前よりもスタイルが良くなる方もいます
それほど、骨盤と言うのは体重の増減やスタイルに深くかかわっているんです

 

ただ、骨盤矯正は産後2〜6カ月の間に行う事がお勧めです
出産後の体調不良が収まるのを待ち、骨盤が閉じる前に行う事が大切になります

 

産後時期のダイエットは妊娠前よりもキレイになる事が出来るチャンスでもあります

 

 

度が過ぎるダイエットは母子の健康に影響するので絶対にお勧めしませんが、健康食品や骨盤矯正グッズなど手間がかからずに行えるダイエット方法はドンドン取り入れていきましょう♪