食事抜き(絶食)で痩せるのは本当に正しいダイエット?誤った方法?

食事抜きダイエット

※断食ダイエットなどのデトックスを目的とした特殊な方法は除きます※

 

 

出来るだけ早く痩せる為に単純なカロリーカットを行う方は多いと思います
夕食抜きダイエットや中には丸一日何も食べない絶食などをして体重を減らす方もいると思います

 

 

私も学生時代は結構無理な絶食ダイエットをしていた記憶があります
特殊な仕事(ボクサーやモデルさん)をしていてどうしてもと言う時に効果的(断食など)な方法で食事抜きを行う場合はまだしも、普通の人が単純に痩せる為だけにカロリーカットを行うのははっきり言って間違いです

 

 

『健康的に良くないからでしょ?』
もちろん健康面でもよくないのですが、それと同じ位大切なのが単純な食事抜きダイエットは太ってしまうからなんです


食事(夕食)抜きダイエットは太る上にキレイを保てない?

食事抜きダイエットは間違い

 

『??食事を抜いたら痩せるんじゃないの?』
『実際に私はいつも夕食抜きダイエットで痩せてるんだけど』

と思われる方もいると思いますし、実際にカロリーを大幅にカットすれば痩せます
ただ、絶食に頼ったダイエット方法は結局太りやすい体質を作ってしまいます

 

 

普段食べ過ぎている方がカロリーを減らすのは当然の事ですが、食事抜きではなくてそれぞれの食事量を減らす事が大切

 

 

なぜなら、単純なカロリーカットは以下の3つの弊害を生み出してしまいます

  1. 食事誘発性熱産生(しょくじゆうはつせいねつさんせい)
  2. 代謝量の仕組み
  3. 栄養不足

この3点はキレイに痩せる為に必ず覚えておかななければいけないポイントです

 

食事抜きダイエット3つのデメリット

食事誘発性熱産生(しょくじゆうはつせいねつさんせい)

食事をした時に、体温が上がり、人によっては汗が出ますよね
これは意識していなくても食事によって体温が上昇するからです

 

人間は食事を取ることでも、カロリーを消費していて、食事はある意味エクササイズと同じ

 

食事をとると、意思とは無関係に内臓が動いたり、口元など様々な箇所が動きます
この動きで消費されるエネルギーの事を食事誘発性熱産生と呼びます

 

大したカロリーが無いと思われるかもしれませんが、この活動は1日の内の消費エネルギーの実に10%にもなります
1日に3食取る方と1食の方は1食の方がカロリーが同じでも太りやすいのは食事誘発性熱産生の量の違いが大きな原因なんです

 

1日当たりのカロリーは少ないかもしれませんが、朝食、昼食、夕食などどれかの食事を抜く事が習慣になっている方は年間に換算とかなりのカロリー消費を損している事になります
一日の合計のカロリーは変えずに一度食事の回数だけ増やして見て下さい
それだけでもダイエット効果はあるはずです

 

絶食の場合、食事誘発性熱産生でのカロリー消費がまったく無い状態となります
『その分運動をすればいいのでは?』
と考える方もいるかもしれませんが、絶食中の運動は危険が伴いますので現実的ではありませんよね

代謝量の仕組み(朝食や昼食抜きの場合)

食事誘発性熱産生の代謝量は人や年齢によって違いますが、それが高ければ高いほど一日の代謝量がアップしますので同じ食事でも痩せる人と変わらない(または太る)人が出てくるのです

 

1日の代謝量(基礎代謝とも呼ばれる)は年齢と共に落ちますが
普段から運動をしいる方は代謝量の多い筋肉によって代謝が良くなります
ですので基礎代謝を落とす事で太ってしまうのは当然の結果と言えます

 

更に時間帯によって代謝量は変化します、それは年齢、体型などは関係ありません

 

ちなみに最も代謝量が多いとされているのは朝です
朝食をたくさん食べても太りにくいのは代謝量が多くカロリーが消費されやすいから

 

一人暮らしを始めた時や社会人になった時に太る方の原因として朝食や昼食抜きがよく目に付きます

 

1日の食事量が減らしているのに痩せない方は朝食や昼食抜きの方が多く、代謝量が最も低い深夜に食事を取っていることになります
加齢による代謝の低下と時間帯の代謝量の影響で太ってしまうと言うわけです

栄養不足

みなさんは普段、自信をもって栄養バランスの摂れた食事が出来ていると言えますか?

 

失礼かもしれませんが、出来ていない方がほとんどだと思います
厚生労働省が発表している【日本人の食事摂取基準】によると不足しがちな栄養素は12項目あり、特にビタミン類、ミネラル類が不足していると言われます

 

コンビニ弁当、外食、ジャンクフードなどのエンプティ―カロリー(カロリーが高く栄養価が低い食べ物)中心の食生活になっている事が原因とされ、【新型栄養失調】として現代人の栄養不足に注意を出しています

 

特にダイエットに関心がある若い世代は仕事が忙しかったり、まだまだ代謝が良い事もあって食生活が乱れがちなんです
そんな中ダイエットの為にと夕食や食事抜きダイエットを行うと更に栄養不足になってしまいますよね…

 

特にキレイ痩せを叶える為に必要なビタミン類やタンパク質などが不足すると胸だけが痩せやすくなってしまったり、髪の毛、肌、爪がボロボロになってしまいます
いわゆるげっそり痩せ状態になってしまい化粧ノリも当然悪くなります

 

また、筋肉量が落ちてしまい太りやすい体質になってしまいます


食事抜きダイエットを検討している方に伝えたいダイエット4つのコツ

食事抜きダイエット効果

 

大前提として普段食べ過ぎている方は当然カロリーを適正値に見直す必要があります

 

 

ただ、お伝えした様に必要以上に食事を抜くのはキレイに痩せる為にもおすすめは絶対にできません
では、どのようにダイエットを進めればいいのでしょうか?

 

 

食事抜きダイエットを検討している方に覚えておいてほしいポイントは2つ

摂取カロリーは変えずに食事回数や時間帯にこだわる

食事を抜こうと考えている方は一日の摂取カロリーを変えずに食事の回数や食事の時間帯を工夫する事
食事誘発性熱産生を利用して食事の回数を増やすダイエット(1日5食ダイエットなど)がありますし、運動以外で1日の総消費カロリーを増やす事が出来ます

よく噛むこと

一度の食事での食事誘発性熱産生の量を最大限に増やすためには良く噛む事も重要
シェイクやリゾットなどの流動食の置き換えダイエット食品でも良く噛む事を意識すれば食事誘発性熱産生で消費するエネルギーを上げることができます

 

理想的な咀嚼回数は一口につき20〜30回程度

食事の間隔を6時間以内におさめる

代謝量を上げたまま一日を終えるためには食事の間隔を6時間以内におさめる事がが効果的です
(食事を体脂肪として蓄えようと胃や腸の消化、吸収能力が高まる為)

カロリーをどうしてもカットしたい時は栄養素を補える食材や食品を活用する

『短期間で痩せたくてどうしてもカロリーをカットしたい!』
と言う時には低カロリーで栄養価の高い食材や食品を必ず活用する事
ダイエットに効果的♪美味しく栄養価の高い食材特集へ

 

また、特におすすめはダイエットシェイクなどの置き換えダイエット食品です
低カロリーにも拘わらず1食分の栄養素を含んでいる健康食品を活用する事で食事抜きダイエットと同じようにカロリーを大幅にカットできる上にダイエットによって起きる嬉しくない症状(肌荒れ、胸痩せ、生理不順など)を防ぐことが出来ます
栄養価が高くて美味しい♪ダイエット食品特集の詳細へ

 

ダイエット系の健康食品は普段の食事よりも費用が安く、置き換えなどを行う事で節約になると言うメリットもあります

 

絶食系のダイエットは手軽さゆえに取り組む方が多いのですが、本当の意味でキレイになりたければ正しいダイエットを行う事が大事です
あなたが目標とする人は決して食事抜きダイエットを行っていないと思いますよ^^