タバコを止めるとなぜ太ってしまうの?その原因と対策とは?

禁煙,ダイエット,原因

 

 

『禁煙したら間食が増えて太ってしまった』
『タバコやめると太ると聞いたのでタバコを止めたくない』
『禁煙すると口さびしくなるのが分かっている』

 

 

喫煙はまさに【百害あって一利なし】です
もちろん吸われている皆さんが一番ご存知だと思います

 

タバコの税金も上がってきましたし、今後は健康面でも金銭面でも
負担が多くなるは目に見えています
その分、禁煙のハードルも下がってきていて病院での禁煙治療は
保険が適応できますので禁煙はより身近な存在になっています

 

 

しかし、禁煙後に太ってしまうこ方は実際に結構いらっしゃいます
タバコをやめるとで私たちの呼吸器系や消化器系機能が改善され
嗅覚や味覚が正常に戻ります(よく料理人がタバコをすってはいけないと言うのはこのため)
感覚が鋭敏になることで繊細な味が分かるようになると言うわけです
結果、禁煙により食べ物がいっそう美味しく感じれるようになり、食べ過ぎを招き
仕事の合間などの口寂しさを紛らわすために間食が多くなり、カロリーを取りすぎてしまう…
単純に言うとタバコを止めると食べ過ぎるってだけです(笑)
食べ物が美味しく感じるのはとてもいいことですが、食べすぎは
自分の意思で防ぐ必要がありますよね^^

 

禁煙した経験に比べれば食事制限のほうが簡単だと思います
ポイントは意識する事と、ポイントを抑えてストレスが無く食事制限する事です

 

禁煙太りを防ぐ2つのポイントとは?

食事のとり方を工夫する

禁煙により食べ物が美味しく感じるのは非常に嬉しいことです
美味しく感じるのでついつい早食いや大食いになっていませんか?
早食いの大食いは太る習慣の代表例です

 

逆に、今まで以上に美味しく感じることを噛み締めましょう^^
食事をより楽しむために時間をかけて咀嚼しましょう(20回〜30回程度)
満腹中枢が働き出すのは20分以上の時間がかかると言われます
時間をかけて食事をする事で食べ過ぎを防止する事

 

注文時にも注意点があります
ちょっと少ないかなと言う位の注文をするように心がけてください
食べ過ぎの方は足りなかったらいやだな〜と注文の量を多めに頼む傾向にあります
お腹が苦しい状態まで食べていませんか?
その状態になっている方は明らかに食べすぎのサインです

 

食べ物本来の味を楽しみながら、腹八分目で食事をすること
注文時には少ない位の量で注文する事、よく噛んで食べること
これらをクセづける事が出来れば食べすぎは防ぐことが出来ると思います

 

適度な間食

タバコを止めると休憩中の時間をもてあますようになりがちです
その時に食べ物を常に食べている人も多いと思います

 

間食で太る方は非常に多いですので間食も低カロリーに押さえる事が肝心
例えば、ガム(もちろんノンシュガーガム)はダイエットの強い味方ですよね
口さびしい時には非常に役立つアイテム♪
低カロリーのダイエット食品のクッキーやドライフルーツもおすすめ

 

間食はまったく取らないと言うよりかは低カロリーにおさえる事
禁煙もダイエットもストレスによっての失敗はつき物ですが
禁止されればされるほどストレスが溜まるので
逆に少しの間食をあえて摂ることで満足できるようにすることが肝心

 

口寂しい時は気分の問題で栄養が必要なわけではないです
間食の回数を減らすのも大切ですが、食べることで気分が落ち着くのであれば
食べるものを低カロリーに押さえる事が大切と言うわけです

 

 

私たち日本人は飽食の国と言われています
常に食べ物がある環境にいますので
口寂しいだけでも簡単に食べ物を手に取ることが出来ます

 

 

必要なカロリーなのかを意識することは非常に大切です

 

 

しかし、その環境で我慢ばかりしているのは精神衛生上よくありません
我慢はいつか爆発してドカ食いなどに発展しますからね

 

 

まずはノンシュガーガムや間食系の置き換えダイエット食品などを活用して
カロリーを制限する意識をもって習慣にしましょう

 

 

タバコもニコチン中毒ではなく習慣で吸っている人が多いと聞きます
ダイエットも簡単に言えば痩せる習慣を身につける作業です
禁煙が出来た方なら出来るはずです

 

 

物事には段階がありますが、禁煙してさらにダイエットに成功する!
一番良い結果を出せるように頑張りましょう^^