太る原因はそのもったいない思考にありませんか?食べ残し解決策

 

『食べ物を残してはいけないと厳しく教えられた』
『お店で出されたものは食べきらないと失礼だと感じる』
『残さず食べないと罰が当たる気がする』

 

確かに、日本は飽食の国と言われ当然食べ物は粗末にしてはいけません
でも必要以上に多い注文やつくりすぎの料理が食べ残しをしたくても出来ない状況
を生み出して太る原因になっていませんか?

 

 

当然のことですが、食べ残しが気になる方は太る可能性が高いですよね
昔のしつけで食べ物を残す事への罪悪感があり、食べすぎて太ると言った感じです
もちろん、食べ物を大切にすることは非常にいいことですが皆さんはこんな事をご存知ですか?

 

 

私たちの国日本は
【食料の7割を輸入し、その3割を廃棄する不思議な国】だと言うことを
(引用元:http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/food_crisis.html)

 

 

基本的に先進国は飽食の傾向があるみたいですが
日本は廃棄率でアメリカ(世界一の廃棄国)を上回っています
実質一番の飽食の国と言えるのかもしれません

 

 

ようは私も含め食べ過ぎの方は分量を間違っていると言うことです
作ったり購入する量が単純に多いのが原因です

 

 

簡単に解決できそうですが、頼みすぎるクセのある人は少し矯正する必要があります
少し面倒に感じても一旦注文は何度かに分けて注文したりする意識が大切

 

 

もったいない太り解決の3つのポイント

小皿に取り分けて食事の時間を増やす

実は皿のとりわけってすごい大切なこと
大皿+ご飯って組み合わせは太る原因です
早食いになってしまい満腹中枢が脳を刺激する
前にどんどん量を食べてしまいます

 

小スプーンを使って食事をとると食べる量を減らすことが
出来るというダイエット方法がありましたがそれと同じです

 

大皿で食べると中途半端に残ったものは食べないといけないと思ってしまいます
小皿に少量を取り分けて足りない分はおかわりするようにする意識をもてば
おかわりするときに必要な量が分かると言うわけです
単純な話ですが、自然と食べる量は減るはずです

 

おかわり自由のお店でも大盛りを頼むではなく、
何回もお変わりする気で食べるほうが自然と量が減るもの

金銭的なデメリットを知る

もったいない精神で悪循環に陥っている人は
食べ残し以上にもったいないのは太ることだと認識するといいと思います

 

例えば太ることで
洋服のサイズが合わなくなり新しいものを買わないといけない
痩せる必要が出てくるとダイエット食費や器具にお金をかけてしまう
肥満から病気が併発し治療費がかかる
他にも探せばあると思いますが、この3点だけで十分もったいないですし
病気には掛かりたくないですよね…

 

注文の量が常に人より多い方は食べ物を粗末にする可能性があるどころか
大切なお金や体の健康を粗末にしてしまう事を頭の隅に入れておくことが肝心です

買い置きをしすぎていないか?

家の中に常にお菓子や食べ物がある状態はあまりよくありませんよね
昔、小学校の頃や中学校の頃以上に太っている子の家には常に
食べ物があった気がします…典型的な食べ過ぎの原因ですよね

 

そして子供の頃からの習慣は当然大人になってからも癖になっています
気づかないうちに食べ物がないと不安な状態になっていませんか?

 

足りなくても困るってことは無いはずです
本当に足りない時は買いに行けばいいだけですからね

 

量をすこしずつ減らしておきその習慣から抜け出す意識を持ちましょう

 

太る原因は人それぞれですが、
ダイエットは食べ過ぎの原因がどこにあるかを探す作業でもあります

 

 

食べ物を残すのはいけませんが、それを食べてしまうと太る…
そんなスパイラルに陥っている方は太る原因がその習慣にあるのかもしれません
太る習慣が見つかればダイエットに成功した後のリバウンドなども防ぐことが出来ます

 

 

特に年齢を重ねていくと代謝が落ちているのにも関わらず、
金銭的には余裕が出てくる為、食べ物の買い置きや外食で食べ過ぎたり
と自己管理が必要になってきます
中年太りというヤツですね

 

 

まずは、量の調節をしてみてください
これは意識的に行わないとできません
いつもなら大盛りの所を普通盛りにして
いつもなら300グラムたのむラーメンも200グラムにするなどです
1ヵ月継続するとかなり変化があると思います

 

 

さらに、良く噛む事を意識して食事にかける時間をいつもより
長くする意識も大切(20分以上が理想)
それだけでも普段より満腹感を得ることが出来ます

 

 

もったいない思考は食習慣の悪癖と言う方もいます
あなたのもったいないは自分でつくりだしたもったいないではありませんか?