1日1食のドカ食いが太りやすい体をつくる!原因と対策

ドカ食い,1日1食,防ぐ

 

 

『痩せようと1日1食にしているけど逆に太った…』
良くある話ですよね…
1日1食にするとどうしてもドカ食いしやすくなりますし
代謝も落ちやすく1日3食の時よりカロリーを減らしていても
体が余分に吸収してしまい太ります

 

 

以前に1日1食ダイエットと言うものが流行ったそうですが
効果があまり無いですし、あっても効果は一時的です
どちらかと言うとやつれると言った感じでしょうか
(代謝をあげながら行う断食ダイエットは別物とします)

 

 

ダイエット方法の王道は1日3食を栄養バランス良くとることなので
置き換えダイエット食品などが定番になっているのは当然と言えます
(3食中置き換えるのは1食程度がベターで昼食か夕食がいいです)

 

 

なぜ1日1食ダイエットをおすすめできないのかと言うと

ラットを使用した動物実験でも実証されていることですが
1日の総カロリーが同じ食事の時、1日3食の時より1日1食の時のほうが
明らかに多量の脂肪蓄積が見られたからです

 

人間の身体も極端に食事を制限することで体は飢餓状態に陥ります
飢餓状態で食事を一気を摂取すると私たちの体は全てのカロリーを
消費しきれず身体は一旦脂肪として蓄積するように働きます

 

その上、偏った食生活を送ることで新陳代謝が悪化してしまい
よりいっそう脂肪が付きやすい身体になります

 

ほとんどの場合は1日1食だとカロリー量の面から安心し
ドカ食いか普段以上の食事量をとってしまう傾向にありますので
その時につく脂肪も多く、太ってしまうと言うわけです

 

 

みなさんの周りにも1日1食しかとっていなくても太っていっている人はいませんか?
逆に、3食とも食事をとっていても太らない人はいませんか?

 

 

間違ったダイエット方法をとってしまうと代謝が落ちてしまいますので
目標体重をクリアして食事制限などを辞めるとすぐにリバウンドしてしまいますし
痩せにくい体になりますので非常に悪循環です

 

1日1食のドカ食いを防ぐための2つの対策

夕食が遅くなる方は夕方に軽食を

どうしても仕事が忙しくて夕食が遅くなってしまう方は
夕方のどこかで食事を分散させる事が大事です

 

ドカ食いをするのはほとんどが夜でもっともカロリーを溜め込みやすい時間帯です
『今日は何も食べていないからたくさん食べても大丈夫だよね』
とついついたくさんのカロリーを摂取してしまいます

 

そんなサイクルに陥っている方は夕食のカロリーを減らす為に
夕方に間食を摂ることが大事です
おにぎりやカロリーメイトやダイエットクッキーでもいいので
適度に食事を分散させておくと夕食のドカ食いを防ぐ事が出来ます

 

満腹中枢は遅れて体に信号を発信するので夕方の軽食が調度いいです

朝食はとる

これも食事分散のひとつですが
健康的に痩せている方は朝食は絶対抜かない!という方が多いです

 

『朝はぎりぎりまで寝ていたい…』
という気持ちも分かりますが…笑

 

もしお腹が減っていなくても味噌汁だけでも摂るように習慣づけて下さい
何かをお腹に入れておくことが大切で、汁物は麺類を入れると食べやすいですし
納豆などをいれて納豆汁にする事で栄養バランスもばっちり取れます

 

私はシリアルをとっています♪
美味しいですし栄養バランスもばっちりなので^^

 

ちなみに置き換えダイエット食品は朝食より夕食にとる方が効果的です
朝食は好きなものを食べるようにしストレスが掛からない様に工夫しましょう

 

そういえば、以前TVで朝食と夕食を入れ替えるだけのダイエット
ってバラエティー番組でやっていたのですが、結構痩せていましたね

 

ただ、朝から焼肉とか中華とか食べてましたけど…笑
朝おなかが空かないと言う方は太っている人に多い傾向です
夜に食べ過ぎて胃が消化し切れていない状態ですね

 

食習慣が規則正しい方は朝すぐにおなかが減っています
この状態に持っていけば痩せる習慣は身についています

 

 

 

体重の増減はカロリーだけを意識すればいいというわけではありません
運動をたくさんする人は当然たくさんカロリーを摂取しても大丈夫ですし
代謝が落ちていて運動もしないかたは普通にしているだけでも太ってしまいます
1日の摂取カロリーが低いからと言っても痩せるわけではありません

 

 

特にダイエットしようと1日1食でドカ食いというのは
典型的な太るパターンですので、自分に当てはまると言う場合は
すぐに改善することをおススメします♪

 

 

1日1食よりも2食〜3食とったほうが食事も楽しめますしね^^